2020年2月度 投資/生活費収支は▲122,168円でした

収支レポート

ブログのタイトル通り、ここではお金から自由をめざす道のりを毎月報告していきます。

「自由って何?」というのは難しい問題ですが、とりあえずは、よく耳にもする「経済的自由」を目標にしてみようと思っています。

経済的自由=働かなくても生活できる状態

ですので、ここでは働かずに得られた投資収入と、生活費を比較していきます。

我ら哀しきサラリーマン、一日の活動時間の少なくとも半分くらいは会社に費やされていますからね。
この縛りがなくなれば、かなり自由になるはず!!

ではでは、ご覧あれ~。

2020年2月度 投資収入の部 151,040円

今月の投資収入は、151,040円でしたー。

種別税引き前収入 単位(円)
貯金利子25
トラリピ®47,257
個別株103,758
合計151,040

ここからざっくりマイナス20%が税引き後の利益になります。

詳しく中身を見ていきましょう。

貯金利子収入:25円

銀行預金についた利子を投資収入に含めるのは「?」かもしれませんが、銀行預金も由緒正しき金融商品です。

約300万円の貯金に毎月25円も利子が付くなんて!

なお、ここからさらに、合計4円の国税と地方税が徴収された模様 (;´Д`)

税引き前の利益は、年利0.01%!! \(^o^)/
100万円を100年預けておくと100万8千円になる計算です。 \(^o^)/

トラリピ®収入:47,257円

株式会社マネースクエアという会社の「トラリピ®」を通じて得られた収入です。

トラリピ®は、ざっくり言うとドル、ユーロなどの外国為替の自動売買取引のサービスです。

事前に売買ルールを登録しておき、必要な資金を投入 → あとは、寝て待つだけ・・・ (-_-)zzz

というものなのですが、本当に寝ている間に利益が出ました!!

2月11日からゆるゆるとスタートして、1ヵ月に満たない中での結果ですが、じゅうぶん「収入」と言える金額です。

いまのところ私の設定はリスクが高いので、このままのでは利回りの計算の参考にはならないのですが、仮に、いまの設定のリスクを十分にカバーできる資金量で、同じくらいの利益がずっと続くとすると・・・
税引き前の利益で、年利10%くらいになるかなー、という感じです。 (*_*)

個別株収入:103,758円

以前から持っていたインド上場株ETF(インドNIF)やソフトバンクグループ株を清算した時に出た利益です。

個別株は、取引を始めてから7年くらいになるのですが、一向に成果が上がっていませんでした。
それなりに勉強もしてきているのですが、タイミングが悪かったり、どうしても損切が下手だったりと、利益を上げることができずにここまで来てます。

一言でいえば、個別株ではプロにはなれない、ということですね。

トラリピ®への投資を決めた今、私にとっては死にゆく投資手法として、語るべきことはあまりない・・・
と言いたいところなのですが、手を染めた悪習というのは恐ろしいです。

「PBR的にソフトバンクGは割安かもー」という思い付きで、2月7日から13日にかけて500株をお買い上げしちゃいましたー。
合計260万円でございますー。 \(^o^)/ばかー

ソフトバンクG株は、2月12日に株価が跳ねて、その時点で25万円くらいの含み益だったのですが、私は当然、「まだ上がるだろう」と思っていましたよ。ええ。
そして翌日13日、株価は6%くらい下げますが、「割安!」と買い増した私を、私はいまだに許すことができません。

株価がさらに下がって、この冬もソフトバンクGの塩漬けがおいしくできそうですねー。

今月も、ありがとうございましたー。

「きょうの料理 ー カブ漬け」 終

2020年2月度 生活費の部 243,000円

今月の生活費は、243,000円でしたー。
なお、千円単位で数字がざっくりしているのは性格的なものです。ご容赦を。

項目単位(円)
食費53,000
日用品・家電19,000
交通費3,000
水道光熱費7,000
通信費6,000
交際費9,000
娯楽費2,000
服飾費・美容費0
住居費64,000
その他・旅費80,000
243,000

「その他・旅費」がかさんでます。
これは実家に帰ったり、出かけることが多かったのと、行けなくなった旅行のキャンセル費用が入っていたりするので、たまたまの実績です。

(ちなみに旅行のキャンセルは、あとから入ってきた会社の予定に巻き込まれたため (*_*) この出来事により、自由への思いをまた強めましたよ。えへへ

そのほかは、外食が多かったり、こまごまとした買い物があったりで、食費と日用品が多めになっています。

特別何もなければ、だいたい18~20万円くらいが毎月の生活費になるかなー、と思っています。

2020年2月度 投資/生活費収支まとめ ▲122,168円

今月の投資収入と生活費の収支は、マイナス122,168円となりましたー。

項目単位(円)
投資収入合計(税引き後)120,832
 <税引き前>(151,040)
生活費合計243,000
収支▲122,168
投資収入の税率は20%で計算。

さすがに始めてすぐに、経済的自由が得られるわけはないですね。
でも、何もしなかった場合より、12万円も月の家計が改善されていると思うと、凄味があります。 (ΦωΦ)

会社から得られるお給料以外にも収入が得られるように、少しでも何かを始めることで、思ったより大きな変化を起こせるのかもしれません。

2020年2月度 投資総額 11,470,000円

最後に、投資収入を生み出すもとになっている保有資産を紹介します。

種別単位(円)
現金3,000,000
トラリピ®3,930,000
個別株3,600,000
CFD940,000
合計11,470,000

トラリピ®は、手持ちの通貨価格の変動で、7万円の含み損が出ていますが、通貨の価格は再び変動し、決済→利益になるので問題ないです。

これらの資産から151,040円の収入が生まれたので、税引き前の月の利回りは1.32%ですね。
もし仮に、同じ投資収入がずっと得られるとしたら、税引き前で年利15.8% (*_*)???
ほんとにそんなにうまくいくのかなー?

新しくはじめたもうひとつの投資―CFD

そうそう、もうひとつ新しく始めた投資があったのを忘れてました。
表にも書いているCFDというものです。
「差金決済取引(contract for diference)」と正式名称を書いても何のことやらですが、要は、株価や指数に連動する商品です。

私は、GMOクリック証券で「ダウ工業株30種」に連動する「米国30」と、イギリスの株価指数「FTSE100」に連動する「イギリス100」を買っています。

ダウ工業株30種は、S&P500と同じく、ずっと右肩上がりの上昇を続けるアメリカの代表的な株価指数。
FTSE100は、ダウ工業株30種やS&P500ほど上昇は強くないですが、両者にはない高い配当を誇ります。

ずっと右肩上がりの「米国30」に、値上がり+配当の合わせ技の「イギリス100」・・・負ける気がしないですね! (ΦωΦ)

※ 2020年8月にCFD投資について詳しく記事にしました。あらためて整理してみると、購入銘柄は「イギリス100」より「米国S500」の方が良さそうです↓

2020年2月度 投資/生活費収支レポートまとめ

今月は、私の投資の方針が、がらっと変わった月になりました。

(一部、相変わらずなところもありますけれどもー)

その変化が早速、投資収入にも表れてて嬉しい感じです。(´ω`)

3月にはまたどんな変化が起きているか今から楽しみですー。
ちょっとコロナウイルスの影響が心配ですね。

それにしても、新しいことを始めるのって楽しい!!

それではまた来月ー!

タイトルとURLをコピーしました