2020年3月度 投資/生活費収支は+236,766円でした

収支レポート

新たに投資を始めて1ヵ月、まさかこんなに早く「投資収入>生活費」になるとは思いませんでした・・・。

おっしゃLet’sリタイア生活だ ( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

実際のところは、ご覧いただくように、投資による決済益が資産を増やすところまでには至っていないのですが、「もしかしたら本当にリタイアできるかも?」という光が見えた月でした。

3月にいったい何が起きたのか?

ご覧あれ~。

2020年3月度 投資収入の部 584,707円

今月の投資収入は、税引き前で584,707円でしたー。

種別金額
トラリピ®537,481
CFD47,226
合計584,707

ここからざっくりマイナス20%が税引き後の利益になります。

先月あれほど盛り上がった貯金利子個別株の利益が、今月はなかったのが寂しい限りですねー(うそ)。

詳しく中身を見ていきましょう。

トラリピ®収入:537,481円

なんと、私の月収をぽーんと超えてくれました。
これがそのまま収入になるのなら、トラリピを設定して寝ているだけで生活できちゃう~。

こんなに利益が出たのは、新型コロナウイルスが相場をぶんぶん振り回してくれたおかげです。

ほら、ブンブン。

通貨ペア決済回数確定損益
豪ドル/円137111,828
加ドル/円9466,677
ユーロ/円103100,938
NZドル/円11985,380
NZドル/米ドル9158,746
米ドル/円163113,912
総計707537,481

一時は維持率が300%台になって、あせって50万円追加入金しましたけどね―。

そんな明らかに普通じゃない月で、トラリピが普通はいったいいくら稼いでくれるのか、未だわからずにいます。(*_*)
投入金額450万円に対して、ひと月で50万円の利益・・・。

いまは相場も落ち着いているので、来月は平常モードの数値が出せそうです。

CFD収入:47,226円

CFD投資からは、47,226円の投資収入が得られましたー。

内訳は、以下のとおりです。

種別税引き前収入 単位(円)
調整金
 (米国30)1,752
 (イギリス100)8,834
 小計10,586
売買36,640
合計47,226

3月は、私がCFD投資を行っているGMOクリック証券調整金の発生月でした。
まだまだ購入額が少ないので調整金も小さいですが、3ヶ月に1回、こうして具体的な金額が増えていくことを考えると、楽しみですね。

そしてあとはコロナ市場の混乱を見て、ついつい魔が差してしまい、短期売買で利益を上げてしまいました。
安定の失敗率を誇る個別株の二の舞にならず・・・本当によかった!

ちなみにこの利益は、日経平均株価に連動する「日経225ETF」を空売りして得たものです。

売りから注文を始められることも、CFDの特徴のひとつです。
下落相場でも利益を上げられるのはありがたいですよねー。

CFD投資に関する詳しい説明はこちら↓
あらためて整理してみると、購入する銘柄は「イギリス100」より「米国S500」の方が良さそうです。

2020年3月度 生活費の部 231,000円

今月の生活費は、231,000円でしたー。

項目当月前月増減前月比
食費36,00053,000-17,00067.9%
日用品・家電12,00019,000-7,00063.2%
交通費2,0003,000-1,00066.7%
水道光熱費8,0007,0001,000114.3%
通信費6,0006,0000100.0%
交際費23,0009,00014,000255.6%
娯楽費16,000200014,000800.0%
服飾費・美容費42,000042,000
住居費64,00064,0000100.0%
その他・旅費22,00080,000-58,00027.5%
231,000243,000-12,00095.1%

コロナ対策で、いよいよ私が勤める会社も在宅勤務が始まったため、外食事する機会も減り、食費が少なくなりました。
とはいえ、年度末恒例の送別会などはまだまだ元気に行われていましたので、交際費が多くなっています。

あとはスーツが必要になったので、適当なものを買って、服飾費が増えてます。

4月も在宅勤務が続きそうで、基本的な支出は抑えられそうですが、在宅時間を充実させるため、グッズの購入が進みそうです。

2020年3月度 投資/生活費収支まとめ +236,766円

今月の投資収入と生活費の収支は、+236,766円となりましたー。

新たな投資の開始2ヶ月目にして華々しい結果です。

項目当月先月増減前月比
投資収入合計(税引き後)467,766120,832346,934387.1%
 <税引き前>(584,707)(151,040)(433,667)(387.1%)
生活費合計231,000243,00012,00095.1%
収支236,766-122,168358,934-193.8%
投資収入の税率は20%で計算。

ひとえに、コロナ相場でトラリピがフル稼働してくれたおかげです。
でも実際は、まだまだ相場が回復しきってはいないので、含み損のあるポジションがたくさんあるため、資産の増加には至っていません。

資産が増加してくるのは、おそらくこれからですね。

2020年3月度 投資総額 11,100,000円

最後に、投資収入を生み出すもとになっている保有資産を紹介します。

種別当月前月増減前月比
現金1,800,0003,000,000-1,200,00060.0%
トラリピ®4,600,0003,930,000670,000117.0%
CFD1,800,000940,000860,000191.5%
個別株2,900,0003,600,000-700,00080.6%
合計11,100,00011,470,000-370,00096.8%

現金は、投資に振り分けたため、減っています。
相場が動きすぎて維持率が危うくなったトラリピに50万円、下落相場で買い増しを狙ったCFDに80万円を投入しました。

トラリピは、各通貨の乱高下で50万円を超える決済益となりましたが、手持ちのポジションでまだ40万円以上の含み損が出ています。
これが決済されてくれば、資産はぐんと増えますが、いまのところは投入額に対して、+10万円の資産増となっています。

CFDは、2月に買っていた分は見事にマイナスですが、下落後に買い進めた分の値戻りと相殺で、プラスマイナスはほぼ0の状態です。
こちらも、市場はまだまだ下がった状態にあるので、さらなる買い増しで将来的な値上がり益の増大を狙います。

個別株は見て見ぬふりをしたい悲劇的な状態です。
ソフトバンクG株はなおも下がり続け、一時は単独135万円のマイナス\(^o^)/
株価は最悪を脱したとはいえ、まだまだ70万円以上の含み損になっています(*´Д`)

ともかく、ここから584,707円の収入が生まれたので、税引き前の月の利回りは5.27%ですね。

まあ、コロナの追い風参考記録です。

2020年3月度 投資/生活費収支レポートまとめ

ひとことで言えば、「コロナ」の月でした。

私は2014年から何らかの投資を始めているので、その間に2016年2月のチャイナショックや同年6月のブレクジットなど、今回のように大きな相場の変動は何度か経験しています。

ただ、その中でも、今回はずいぶん精神的に楽でした。

上がっても下がっても、相場の変動をとにかくエネルギーに変えるトラリピを始めたことが、やはり大きいかなと思います。(個別株でやらかしているのは相変わらずなのですけど)

あとは、下落相場でも「上がる」と確信ができる株価指標へのCFD投資を始めたこともありますね。

今後も発生するであろう相場の変動を考えると、先月、投資の方向を大きく変えられたのはまったくラッキーでした。
さっそく新しい投資の真価の一面も垣間見ることができましたし。

ただ、現状がベストな資産運用の形とも思いませんので、まだまだ色々と模索してどんどん新しい投資を切り開いていきたいと思います。

これからも投資を進化させていくよー。

それではまた来月ー!

タイトルとURLをコピーしました