【解決は簡単!】テレビの音をbluetoothで飛ばすやり方とは

合理的な生活

テレビの音をBluetoothで飛ばしたいんだけど、どうしてもペアリングできない…。
テレビはBluetooth対応って書いてあるのに…。

その理由は簡単、テレビの「bluetooth対応」はだいたいの場合、「受信のみ」だからです。
家庭用のテレビがbluetoothの「送信」に対応しだしたのは、2017年~2020年とごく最近のこと。
それ以降に発売されたテレビでも、東芝REGZAのように未だ対応していないものさえあります。

しかし、ここであきらめたり、あわてて最新型のテレビをポチったりする必要はありません。

「bluetoothトランスミッター」というかんたんな機械をテレビにつなげることで、どんなに古いテレビもbluetoothで音声を飛ばせるようになります。

テレビの音をbluetoothで飛ばせるトランスミッター
「bluetoothトランスミッター」はこんな機械。そんなにお高くない。

この記事では、実際のbluetoothトランスミッターの使い方をくわしく紹介していきます。

この記事でこんな悩みは解決!
  • いまは有線のイヤホンを使っているけど、イヤホンの線が短くて画面が近すぎ
  • 大音量で映画を見たいけど、有線イヤホンが邪魔
  • 音だけでも聞ければいいんだけど、テレビの前から離れられず、家事ができない
  • 夜中に音量を気にしながらテレビを見るのが嫌になった
  • 朝のシャワー中にBSワールドニュースを聞きたい(←私の場合)

では続けましょう。

どんなテレビの音声も飛ばせるbluetoothトランスミッターとその使い方

どんなテレビの音声も飛ばせるbluetoothトランスミッターとその使い方

だいたいのテレビはbluetoothの送信に対応していないことはすでに書きました。

以下のように最近発売されたテレビはbluetoothの「送信」に対応しているものもありますが、お持ちの方はそんなに多くないでしょう。

<国内シェアトップの4大テレビメーカーのbluetooth「送信」対応表>

メーカー(ブランド)対応モデル
ソニー(BRAVIA)2017年モデルから
シャープ(AQUOS)2019年モデルから
パナソニック(VIERA)2020年モデルから
東芝(REGZA)未対応(2022年1月現在)

私が持っている2014年製のテレビももちろん非対応。

そんなときに使うのが、「bluetoothトランスミッター」です。

我が家で絶賛活躍中のbluetoothトランスミッター、BT-B20(Agedate)

「bluetoothトランスミッター」をテレビの音声出力端子とケーブルでつなぐことで、どんなテレビもbluetoothで音声を飛ばすことができるようになります。

私が実際に買ったbluetoothトランスミッターはこちら。
光デジタルケーブルが使えて、Amazonの評価が悪くなかったので選びました。

ざっくり以下の機能があります。

bluetoothトランスミッターBT-B20(Agedate)のざっくりスペック
  • bluetoothの通信距離は10m
  • bluetooth5.0に対応
  • bluetoothの送信も受信もできる
  • 2台同時にbluetooth接続可
  • 3.5mmイヤホン端子、光デジタル端子に対応
  • 充電後、送信モードで22時間、受信モードで18時間使用可(充電しながらの使用も可)

正直聞いたことがないメーカーですが、まったく問題なく使えています。

ちょっとメーカーが心配、という方は、以下のAnkerのものを使えばよいでしょう。
同じくらいの価格で、機能もほとんど同じです。

bluetoothトランスミッターSoundsync(Anker)のざっくりスペック
  • bluetoothの通信距離は10m
  • bluetooth5.0に対応
  • bluetoothの送信も受信もできる
  • 2台同時にbluetooth接続可
  • 3.5mmイヤホン端子、光デジタル端子に対応
  • 充電後、送信モードで22時間、受信モードで17時間使用可(充電しながらの使用も可)

bluetoothトランスミッターの使い方 ― 音声を飛ばすまでわずか2ステップ

ここからは実際の製品でbluetoothトランスミッターの使い方を説明していきます。

【ステップ1】bluetoothトランスミッターとテレビをケーブルでつなぐ

BT-B20本体には、以下の付属品がセットになっています。

bluetoothトランスミッターBT-B20(Agedate)の付属品写真
左からBT-B20本体、大きな輪っかになっているのが光デジタルケーブル、その中の左が3.5mmイヤホンケーブル、右がステレオケーブル、右端が充電用USB(micro-B)

音声ケーブルのいずれかを本体に差し、もう一方をテレビ側の音声出力につなげます。
テレビ側の音声出力は、イヤホンジャックも光デジタルも、すべてテレビの裏側にあるはずです。

bluetoothトランスミッターBT-B20(Agedate)のケーブル差込口
本体の差込口は左から3.5mmイヤホンケーブル(ステレオケーブルでも使用)、入力用の光デジタルケーブル(SPDF IN TX)、出力用の光デジタルケーブル(SPDF OUT RX。テレビからの音声を光デジタルケーブルでひっぱってきて飛ばす場合は、こちらとテレビをつなぎます)、充電用のmicro-B USB

イヤホンケーブルを使う場合は、イヤホンジャックにケーブルを差すだけで音声出力が切り替わると思います。

ステレオケーブル、光デジタルケーブルをテレビに差す場合は、テレビ側で音声出力の切り替えが必要です。
この切り替え方法についてはお持ちのテレビの取説を確認されるか、ググってみてください。

【ステップ2】bluetoothトランスミッターの電源を入れ、ペアリング

テレビとbluetoothトランスミッターをケーブルでつなげたら、次はトランスミッターの電源を入れて、bluetoothイヤホンなどとペアリングしていきます。

bluetoothトランスミッターBT-B20(Agedate)のスイッチ
左が電源スイッチ、右がbluetoothの送受信を切り替えるスイッチ(TX=Transmitter(送信機)モード、RX=Reciever(受信機)モード)

電源を入れ、bluetoothを送信するための「TX」にスイッチされていることを確認。

なお、「RX」にするとスマホの音声をbluetoothで受信させ、この装置を介してオーディオスピーカーから出力する場合などに使います。

次にトランスミッターをbluetoothイヤホンなどとペアリングします。

bluetoothトランスミッターBT-B20(Agedate)のボタン
右端のボタンを長押しするとペアリングモードになります。そのほかのボタンは、bluetooth接続している機器の曲送り、曲戻し、再生/停止に使えるようですが、正直使うことはないと思います。

一番右のボタンを長押しでペアリングモードにして、ペアリングしたいイヤホンなどを近くに置きます。

bluetoothトランスミッターBT-B20(Agedate)のランプ
Pairingのランプが常時点灯すればペアリング成功!

ペアリングモードで点滅していた「Pairing」ランプが常時点灯に変わればペアリング成功です。

これでテレビの音声はあなたのbluetoothイヤホンにビュンビュン飛んでいきます。

かんたんだね!
(光デジタルケーブルをRXに差したことに気づかず設定が難航したことはナイショ)

【おまけ】テレビとbluetoothから同時に音声を出力する方法

bluetoothで音声を飛ばしつつ、テレビからも同時に音を出したい、というニーズもあるかもしれません。

今日は皿洗い当番なんだけど、番組が面白すぎて動けない…せめて音だけでも聞ければ…

という場合とかですね。

お皿を洗っているお父さんにも聞こえるように音量を上げたら、テレビを見ているお子さんは耳が遠くなっちゃうし、ご近所迷惑ですよね。

イヤホンからの出力を使ってbluetoothを飛ばしている場合は、テレビと同時に音を出すのがわりと簡単にできるみたいなので、4大メーカーの設定についてもまとめました。

<4大テレビメーカーのイヤホン出力とスピーカー出力を同時に行う方法>

メーカー(ブランド)設定方法
ソニー(BRAVIA)設定→音声設定→ヘッドホン使用時設定→スピーカー・ヘッドホン併用
シャープ(AQUOS)設定→機能切換→外部端子設定→ヘッドホン→モード2
パナソニック(VIERA)音量調整→スピーカーとイヤホンの同時出力→する
東芝(REGZA)設定→音声設定→ヘッドホン用出力モード→親切モード

もっとお安くテレビの音をbluetoothで飛ばすには…

もうちょっと安いものがあればなぁ…

という方向けに、約2千円で買えるbluetoothトランスミッターもご紹介します。

機能に制限はありますが、テレビの音をbluetoothで飛ばす、という目的には十分使えます。

bluetoothトランスミッターBT-B11(adacoce)のざっくりスペック
  • bluetoothの通信距離は8m
  • bluetooth5.0に対応
  • bluetoothの送信も受信もできる
  • bluetoothの同時接続は1台のみ
  • 3.5mmイヤホン端子のみに対応
  • 充電後、7時間使用可(充電しながらの使用も可)

7時間稼働という点が心配かもしれませんが、電源が取れさえすれば、充電しながらの使用も可能なので、特に問題はなくなるかと思います。

ついにテレビもbluetooth対応でワイヤレス化!便利な生活はつづく

ついにテレビもbluetooth対応でワイヤレス化!便利な生活はつづく

bluetoothトランスミッターがあれば、テレビの音声をワイヤレスでどこでも聞けるようになり、生活がより自由に便利になることうけあいです。

私もこのbluetoothトランスミッターを使ってお風呂に置いてあるスピーカーにテレビの音声を飛ばすことで、朝のシャワー中にBSワールドニュースを聞くことができるようになり、QOLが爆上がりしました。

この他にもこちらの記事で、私が「特にこれは買ってよかった!」と思ったよりすぐりのアイテムを紹介しています。
生活を便利にする参考にしてもらえればうれしいです。

それではグッドフォーチュン!

タイトルとURLをコピーしました