【2021年 最もお得な決済方法の決定版】Visa LINE Payクレジットカードの乗り換え先検討にも

【2021年 最もお得な決済方法の決定版】Visa LINE Payクレジットカードの乗り換え先検討にも合理的な生活

2021年5月より、これまで最強を誇っていたVisa LINE Payクレジットカードの還元率の低下が決定しました。
この3.0%から2.0%への還元率低下によって、2021年5月以降はVisa LINE Payクレジットカードは必ずしも「最強」ではなくなります。

この記事では、そんな2021年5月以降にもおすすめできる決済手段を、「本当にお得なものだけ」厳選して紹介します。

この記事を参考にしてほしい人
  • Visa LINE Payカードの還元率低下後、何を使えばお得になるかわからない人
  • Visa LINE Payカードからの乗り換え先を探している人
  • Visa LINE Payカードは持っていないけど、どうせならお得に買い物したいと思っている人
  • とにかくお得な決済方法を探している人

あとは、時期的にも近いので、2021年2月のKyashカードの改悪後に何を使えばいいか迷っている人の参考にもなると思います。

ぜひ、お得生活にお役立てください。

Visa LINE Payクレジットカードから乗り換えるべき?おすすめ決済方法4選

Visa LINE Payクレジットカードから乗り換えるべき?おすすめ決済方法4選

まず先に全体像を説明します。

2021年5月以降の最もお得な支払い方法は、買い物のシチュエーションに応じ、4つに分かれます。
それぞれ主に使える場所や、おすすめ度を下記にまとめました。

「全部を取り入れるのは面倒」と思われる方もいらっしゃるかと思いますので、生活スタイルに応じ、ご自身の優先順位の高いものから取り入れてみてください。

決済方法還元率使える場所おすすめポイントおすすめ度
Visa LINE Payクレジットカード2.0%・Visaが使えればどこでも・使い勝手+高還元率で、未保有ならまずおすすめ
・d払いとの組み合わせで還元率の底上げも可
No.1
エポスゴールド ✕ 6gram2.5%・JCBが使えるほとんどのネットのお店
・QUICPay(Suica)が使える実店舗
・特典盛り沢山のエポスゴールドは無料で作る方法あり
・6gramのリアルカードができれば使い勝手は大幅向上
・特にモバイルSuicaチャージと税金の支払いがおすすめ
No.2
セゾンパール・アメリカン・エキスプレス3.0%・QUICPayが使える実店舗・実はいろいろな場所で使えるQUICPay
・最短5分で使い始められ、いまなら8,000円分の特典あり
No.3
Tカード Prime ✕
au PAY プリペイドカード
2.0%・マスターカードが使えればほぼどこでも・Tポイント、Pontaポイントをためているなら検討の価値あり
・海外旅行やau PAYの利用が多いならおすすめ度アップ
No.4

以下では、おすすめ度の高いものから、ひとつずつ紹介していきます。

【おすすめ度No.1】乗り換えは待った! まず持つべきVisa LINE Payクレジットカード

【おすすめ度No.1】乗り換えは待った! まず持つべきVisa LINE Payクレジットカード

還元率が低下するとはいえ、Visa LINE Payクレジットカードの還元率2.0%はまだまだ非常にお得です。
高還元率と言われるリクルートカードですら還元率は1.2%ですから、還元率2.0%がいかに強いかがおわかりになるでしょう。
乗り換えるのはまだ早いです。

「どこで使っても2.0%還元」(※)、という使いやすさから、まだお持ちではない方にとっては、「最初の一枚」として真っ先におすすめのカードです。

▷Visa LINE Payクレジットカード(3月31日までの入会で最大7,000ポイント)

※ ただし、以下の利用については、ポイント還元の対象外です。
電子マネー・プリペイドカード・Walletサービス等へのチャージ(WAON,Edy,Suica,PASMO,Kyash等)/金融商品の購入(投資信託、証券等)/税金/保険において、1回あたりの支払につき5万円を超える分/国民年金保険料/寄付/年会費(クレジットカード年会費、ETC年会費等)/手数料(リボ払い・分割払い手数料等)/キャッシング/その他、当カードの利用において指定するポイント対象外の商品/サービス

d払いとの組み合わせでVisa LINE Payカードの還元率がさらにアップ

Visa LINE Payクレジットカードをd払いに設定することで、d払いで得られるdポイントを加えて、還元率をさらに上乗せすることができます。

d払いの利用時に二重取りができるdポイント
  • ネットでのd払いの利用=1.0%のdポイント還元 → Visa LINE Payと合計3.0%のポイント還元
  • 実店舗でのd払いの利用=0.5%のdポイント還元 → Visa LINE Payと合計2.5%のポイント還元

なお、Visa LINE Payクレジットカードを設定したd払いの決済では、d払いで行われるキャンペーンの対象外となってしまうことがありますので、ご注意ください。

d払いが使えるお店などについては、以下の記事も参考にしてください。

Visa LINE Payクレジットカードのまとめ
  • 2021年5月以降に還元率が2.0%に低下しても、十分使える
  • ほとんどどこで使っても高還元率なので、最初の一枚におすすめ
  • d払いとの併用でポイント二重取りが狙えるが、キャンペーンの条件には要注意

ただ、Visa LINE Payクレジットカードの2.0%の還元率は、いまのところ2022年4月末までの期間限定となるようです。
そのため、いつでも乗り換えられるように、次から紹介していく別の決済手段も準備されることをおすすめします。

【おすすめ度No.2】全人類が持つべきハイスペック、エポスゴールド ✕ 6gram

【おすすめ度No.2】全人類が持つべきハイスペック、エポスゴールド ✕ 6gram

次のおすすめはエポスゴールドです。
6gramというプリペイドカードとの組み合わせで、還元率は最大2.5%になります。

この決済方法のおすすめポイントは、Visa LINE Payカードを超えることになる高い還元率はもとより、エポスゴールドの特典の多さにもあります。

もともとエポスカードは、様々なお店で割引や特典が受けられることで有名なカードです。
これがエポスゴールドになると、特典がさらに強化されるほか、国内空港ラウンジが使えたり、海外旅行時の傷害・治療保険がカード自動付帯のものでほぼまかなえたりと、特に旅行時にうれしいカードになります。

「ゴールドカード」と聞くと気になるのは年会費ですが、なんとこのカード、無料で持つことができます。
特典が多く、年会費は無料と、まさに全人類が持つべき優れたカードです。

無料のエポスゴールドの作り方は、以下の記事で解説しています。
同じ方法でみなさんも年会費無料のエポスゴールドを手に入れてください。
(年会費無料エポスゴールドのインビテーションを受け取った私の実体験です)

決済方法の説明に戻ると、エポスゴールドを使った還元率2.5%は、以下のように実現します。

エポスゴールド ✕ 6gramの還元率を2.5%にする方法
  1. エポスゴールドで3つまで指定できる「ポイントアップショップ」に「mixi」を選択
  2. mixiが発行するプリペイドカード6gramにエポスゴールドからチャージ(還元率1.5%)
  3. チャージした6gramで支払いを行う
  4. 6gramのチャージを含め、エポスゴールドを年間100万円使うとボーナス1万ポイント(還元率1.0%相当)

→ 合計ポイント還元率2.5%

6gramからは、モバイルSuicaへのチャージができるため、モバイルSuica利用時の還元率を間接的に2.5%にすることができます。
また、支払い方法にJCBを選択できるところであれば、6gramはほとんどどこでも利用でき、たとえば所得税や住民税なども、別途手数料はかかりますが、2.5%の還元率で納付できてしまいます。

ちなみに、上記のモバイルSuicaチャージと税金の支払いは、Visa LINE Payクレジットカードでのポイント付与が制限されていますので、その弱点を補完する意味でも、エポスゴールド ✕ 6gramはおすすめです。

▷年会費無料のエポスゴールド入手は、まず年会費無料のエポスカードを発行するところから

なお、6gramの発行は、現在、既存ユーザーからの招待のみとなっています。
連絡いただければ、極力6gramの招待を出させていただきますので、twitter(@usa_formmlives)やブログのお問合せフォームなどからご連絡ください。

エポスゴールド ✕ 6gramの3つの弱点

エポスゴールド ✕ 6gramの3つの弱点

いいことづくめの支払い方法ですが、弱点が3つあります。

エポスゴールド ✕ 6gramの弱点① 実店舗での利用

1つめは実店舗での利用です。
6gramの発行は、2021年3月現在、アプリ上のバーチャルカードのみのため、ネット上の使用には困りませんが、実店舗で利用が難しいところがあります。

6gramからチャージしたモバイルSuicaを使ったり、Apple Pay/Google Payから6gramをQUICPayとして使うことができますが、電子マネーなどの導入がない店舗では利用が制限されてしまいます。

実店舗については、現状はVisa LINE Payクレジットカードや、以降で紹介する2つの方法でカバーするしかありません

ただ、6gramの公式ページを見ると、リアルカードの発行が準備されているようですので、それまでの辛抱です。

6gram公式ページより https://6gr.am/

エポスゴールド ✕ 6gramの弱点② 海外での利用

2つめの弱点は、海外での利用です。
これには海外サイトでの利用も含まれ、海外利用時の手数料が3.0%と高めです。

一般的なクレジットカードの海外手数料は1.6~2.5%ですから、海外での利用はおすすめとは言えません。
国外での買い物には、Visa LINE Payクレジットカードを使いましょう。
(Visa LINE Payクレジットカードの海外利用手数料は2.2%)

なお、海外利用手数料が高いのは、プリペイドカード全般に言えることですので、6gramのリアルカードが発行されても状況は変わらないはずです。

エポスゴールド ✕ 6gramの弱点③ 一部の支払いに非対応

3つめは、一部の料金の支払いに対応していない点です。
6gramはプリペイドカードのため、下記のような支払いができません。

本人認証(3Dセキュア)の必要な加盟店/プリペイドカードや電子マネーへのチャージ/定期購買(ファンクラブ会費・ニュース配信サイト等)/公共料金(電気・ガス・水道料金等)/保険料のお支払い/ガソリンスタンド/宿泊施設(ホテル・旅館等)/高速道路・有料道路料金/機内販売/特急券

6gram 「ご利用可能なお店に関して(オンライン)」

ただ、通信料や公共料金など、エポスゴールドで3つまで登録できる「ポイントアップショップ」に指定できるところも多いので、主要なものからエポスゴールドに登録して、お得に使いこなしてください。

エポスゴールド ✕ 6gramのポイントまとめ

以下でここまでのポイントをまとめます。

エポスゴールド ✕ 6gramのまとめ
  • 最大還元率2.5%
  • 全人類必携のエポスゴールドは無料で入手可(実績あり)
  • 6gramを使って、モバイルSuicaも、納税も2.5%の還元率にできる
  • 実店舗と海外、一部料金の支払いに弱いが、実店舗の利用については改善見込み

6gramの発行が既存ユーザーからの招待制になっているのが難点ですが、必要でしたら招待を送らせていただきますので、ご連絡ください。

【おすすめ度No.3】還元率最高のセゾンパール・アメリカン・エキスプレス

【おすすめ度No.3】還元率最高のセゾンパール・アメリカン・エキスプレス

還元率という点でおすすめは、セゾンパール・アメリカン・エキスプレスです。
QUICPay利用時、という制限はありますが、3.0%の還元率は文句なしに最高といえます。

ただ実はQUICPayが使える店舗数は、各種電子マネーの中でも最高クラスのため、いろいろなお店で3.0%の還元率を受けられ、Visa LINE Payカードやエポスゴールド ✕ 6gramのサブカードにも最適です。
私もQUICPayが使えるお店は、すべてこのカードで支払いを行っています。

2021年2月末の各社HPの掲載情報より抜粋

ちなみに、セゾンパール・アメックスのデジタルカードは、最短5分でアプリ上に発行されるため、すぐにでも最高の還元率を手に入れることができます。
私のセゾンパールもデジタルカードです。
デジタルカードでカード発行手続きをした場合、後日、セキュリティ性の高いナンバーレスカードが実店舗での利用用に送られてきます。

なお、セゾンパール・アメックスの初年度の年会費は無料で、1回でも利用すれば翌年度も年会費無料になります。

▷セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(現在、8,000円相当がもらえる入会キャンペーン中)SAISON PEARL AMERICAN EXPRESS CARD Digital
セゾンパール・アメリカン・エキスプレスのポイント
  • QUICPay限定だが、還元率3.0%は最強
  • QUICPayは実は使えるところが多く、還元率を底上げするサブカードに最適
  • 最短5分で使い始めることができ、いまなら最大8,000円分のポイントがもらえる

QUICPayが使える場所など、セゾンパール・アメリカン・エキスプレスの詳細記事はこちら↓

【おすすめ度No.4】好みのポイント次第では、Tカード Prime ✕ au PAY プリペイドカードもあり

Tカード Primeau PAY プリペイドカードの組み合わせによる還元率は2.0%と、Visa LINE Payクレジットカードと変わりません。

ですが、もらえるポイントが異なります。
ためているポイント次第では、この組み合わせへの乗り換えも検討の価値は十分ありです。

Tカード Prime ✕ au PAY プリペイドカードのポイント還元の仕組み
  1. 日曜日にTカード Primeからau PAY プリペイドカードにチャージ(Tポイント1.5%還元)
  2. チャージしたau PAY プリペイドカードで支払う(Pontaポイント0.5%還元)

→ 合計ポイント還元率2.0%

日曜日のみポイント還元率が1.5%になるTカード Primeの特性を利用し、1.5%の還元率を温存したau PAY プリペイドカード使用時にも0.5%のポイントを重ね取りする方法です。

マスターカードブランドのau PAYクレジットカードは、クレジットカードとほとんど同じ感覚で使うことができますので、ネット、実店舗と使う場所を選びません。

ただし、プリペイドカードの例にもれず、海外利用時の手数料は4.0%と激高なので、海外旅行時、海外サイトの利用時はVisa LINE Payクレジットカードを使いましょう。
また、一部の支払いにい対応していない点も、6gramなど他のプリペイドカードと同様です。

Tカード Prime ✕ au PAY プリペイドのポイントの使い道や、その他のメリット

同じ還元率でも、Visa LINE Payクレジットカードとは貯まるポイントが異なります。
Visa LINE PayクレジットカードでたまるLINEポイントの使い道は、LINEのサービス内に限られており、ポイントの価値もほぼ1ポイント=1円です。

一方、Tカード PrimeでたまるTポイントは、ウェルシア薬局で毎月20日に1.5倍で使えたり(いわゆるウェル活)、ANAマイルなど様々なポイントに交換できます。

また、au PAY プリペイドでたまるPontaポイントも、年1回20%増量で交換できるJALマイルなど交換先は幅広く、ローソンのお試し引換券で使えばポイントの価値を2倍以上にもすることができます。

そのほか、Tカード Primeは、年会費実質無料のカードにしては海外旅行保険が充実しており、たとえばエポスゴールドとの2枚持ちで旅の安心を増やしてくれます。

また、au PAYプリペイドカードau PAY(コード決済)チャージ残高を共有して使えるので、大型キャンペーンが多いau PAYをさらにお得なものにすることができます。
もちろん、au PAYを使ったときにも0.5%のPontaポイントがたまります。

「LINEポイントより、TポイントやPontaポイントのほうがうれしいな」という方は、この組み合わせに乗り換えてみてください。

▷Tカード Prime(2021年9月までのへの入会で最大7,000ポイント還元中)
▷au PAY プリペイドカードの申込みはこちらから

Tカード Prime ✕ au PAY プリペイドカードのポイント
  • 還元ポイントは、Tポイントが1.5%、Pontaポイントが0.5%で、合計還元率2.0%
  • Tカード Primeの海外旅行保険は充実しているが、au PAY プリペイドカードは海外に弱い
  • チャージ残高を共通で使えるau PAYのお得度も底上げ

TカードPrime ✕ au PAY プリペイドカードについては、こちらの記事も参考にしてください。

まとめ:2021年の支払いは、最もお得なこの4つから

まとめ:2021年の支払いは、最もお得なこの4つから

以上、Visa LINE Payクレジットカードの還元率低下後のおすすめ決済方法4選でした。

2021年5月に還元率が低下するとはいえ、Visa LINE Payクレジットカードの還元率2.0%はまだまだ高く、乗り換えるにはもったいないカードです。
とはいえ、Visa LINE Payクレジットカードの還元率の低下により、もっとお得な方法が出てきたことも事実です。

この記事では、本当にお得になるものだけを紹介していますので、ご自身が気になったものから取り入れて、賢く使い分けてみてください。

きっと損はさせませんよ。

【決定版】2021年 最もお得な支払い方法4選まとめ(それぞれリンクに飛びます)

それでは、またお得な情報でお会いしましょう!

タイトルとURLをコピーしました