トライオートETFと税金。確定申告をお得に大攻略!

トライオートETF

トライオートETFで利益が出た場合、株とかとは違って、自分で納税が必要らしいけど、どうすればいいの?

お答えしましょう。

まず、トライオートETFで1月1日から12月31日の取引終了までの1年間で、利益の合計が20万円を超えた方は、翌年2月~3月にかけて納税手続き(「確定申告」)が必要です。

「なんだか面倒そう」と思ったそこのあなた。

そうですよね、私も「面倒だな~」と思っていました。
でも、最初に準備さえしてしまえば、確定申告は、自宅で30分くらいでできちゃうのです。
正直、私も拍子抜けでした。

トライオートETFの納税手続きについては、トライオートETFの運営元であるインヴァスト証券の公式ページでも説明はあります。
でも、いまいち何をやればいいかわかりにくいです。

ですので、このページでは、トライオートETFの納税手続きについて、なるべく簡単な方法で、わかりやすく、具体的に、そしてお得な情報も含めて説明していきます。

なお、トライオートETFのほかに、FXやCFDなどでも利益があって、合計の年間利益が20万円を超える場合も、同様の手続きとなります。
そうした方もこの記事を参考にしてください。

ではまず、手続きの概要から始めます。

ちなみに、「トライオートETFって何?」という方はこちらをどうぞ。
 ≫月50万円の利益を出すトライオートETFとは?

ここだけの話

簡単とはいえ、トライオートETFをまだはじめたばかりや、取引規模が小さくて、「ぎりぎり20万円を超えそうだけどやらなきゃいけないの~?」という方もいるかと思います。
そんな方は、年末に向けて、しばらく決済されなそうなマイナスのポジションを整理したりして、利益額を見直してみるのも
いいかもしれません。来年はぜひトライオートETFでフルに稼いで、しっかり手続きしましょうね!

自分で行う納税手続き、確定申告って?(確定申告の概要)

自分で行う納税手続き、確定申告って?
(ここからしばらくは概要の説明になりますので、読むのが面倒な方は「得する情報」と書かれた見出しだけ確認して、次の「具体的なトライオートETFなどの確定申告の手続き」まで飛ばしてしまってもOKです)

確定申告は、1月1日~12月31日の一年間の収入に対して、納めるべき税金額を確定させるための手続きです。
毎年、おおよそ2月16日~3月15日の1ヶ月の間に、前年分の確定申告を受け付けています。
ちなみに、2021年(2020年分)の確定申告の受付期間は、2021年2月16日(火)~3月15日(月)です。

会社員などで、収入が給与所得のみの場合は、会社が毎月の給与の支払いや年末控除の手続きで基本的な部分の税金を確定し、納税してくれています。
そのため、あえて個人で確定申告を行う必要はありません。

また、株式や投資信託などの売買や配当による利益については、「特定口座」という自動で納税までを証券会社が代行してくれる口座で運用していれば、特に個人が手続きを行う必要はありません。

上記の基本的な範囲を超えた収入があった場合に、個人による納税の手続き、確定申告が必要になってきます。

確定申告が必要な人の例

確定申告が必要な人の例

まず、支払い元で税金があらかじめ引かれていない所得を受け取った場合、というのがあります。
なお、支払元で所得にかかわる税金をあらかじめ引いておくことを、「源泉徴収」といいます。

支払い元で税金が引かれていない所得の例
  • フリーランスの仕事や不動産などによる収入
  • 売買利益や配当金から税金が自動で引かれない「一般口座」での株式や投資信託による収入

トライオートETFは、株や投資信託などと異なり、納税を証券会社が代行する「特定口座」にあたるものがありません。
そのため、トライオートETFの収入は「一般口座」と同様の扱いとなり、みずから納税手続きが必要となります。

トライオートETF以外では、FXやCFDなども同様に「特定口座」にあたる口座の設定がないため、確定申告が必要になります。

なお、所得の種類に応じ、確定申告の手続きが免除される所得額というのがあります。
トライオートETF、FX、CFDなどでは、これらの投資で得られた年間所得の合計が20万円未満だった場合は、確定申告はしなくてもいいことになっています。

そのほか、以下のような方も、確定申告が必要です。

  • 源泉徴収されていても、税引き前の年間の公的年金支給額が400万円以上となる方
  • 源泉徴収される給与所得が、税引き前で年間2000万円以上の方(年末調整の対象外となるため)
  • 源泉徴収される給与所得を2か所以上から受け取り、年末調整をしない所得の合計が20万円以上となる場合(年末調整は1か所でしかできない)

ほかにも、自分が確定申告が必要かどうか気になる方は、以下の国税庁のページを確認してみてください。

国税庁
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/tebiki2017/a/01/1_06.htm

得する情報①:確定申告は必須ではないが、したほうがメリットがある人

得する情報①:確定申告は必須ではないが、したほうがメリットがある人

以下の人は、確定申告は必須ではないけれど、しておいたほうがメリットがある方たちです。
ちなみに、過去5年までなら、忘れていた手続きをさかのぼって確定申告することができます。

ただし、さかのぼって確定申告する場合、期間中のふるさと納税を寄付金として入力するのを忘れないようにしてください。
確定申告すると、ワンストップ特例で申請した分を含め、ふるさと納税のデータはリセットされてしまいます。

マイナスの収入が出た場合

マイナスの収入は、プラスの収入とあわせて相殺して、税金が戻る場合があります。
相殺するプラスの収入は、同じ年内の所得のグループ内だったり、次の年以降の収入だったり色々なパターンがあります。
同じ年内の相殺を「損益通算」、次の年以降で行うことを「繰越控除」といいます。

資産運用の分野では、同じ年度内でまとめることができるのは、以下のようなグループです。

  • 複数の株式取引用の証券口座同士の損益
  • トライオートETF、FX、CFDなど、通常の株式以外を取り扱う証券口座同士の損益

そのほか、不動産や山林業、事業所得はまとめて損益を相殺可能なようですが、本ブログで取り扱う範囲を超えるので、ご自身で調べてみてください。

同じ年でプラスとマイナスを相殺する場合(損益通算)

株の特定口座Aで年間100万円のプラス、特定口座Bで50万円のマイナスがあった場合を例にします。
特定口座のAでは、約20%の20万円が勝手に源泉徴収されてしまい、確定申告をしないとB口座のマイナスと差し引きで、手元に残る現金は30万円です。

確定申告をしなかった場合に残る現金=30万円

ここで、確定申告をして、A、B口座の損益をまとめると、差し引き50万円のみが課税対象になり、税金は10万円で済むことになります。

確定申告をした場合に残る現金=40万円

このA口座で払い過ぎていた10万円の税金はどうなるか?

安心してください、確定申告後に指定の口座に還付されます。(※)
確定申告をすることによって、手元に残る現金は、10万円も違うのです。

※正確には、トライオートETFや株などの場合、所得税+復興特別所得税にあたる15.315%が口座に還付され、残りの住民税にあたる5%は翌年の住民税から減額されれます。以下の説明の還付も同様です。
年をまたいでプラスとマイナスを相殺する場合(繰越控除)

確定申告をしても、通算できるプラスの利益が同年内にはない場合、3年間マイナスを取っておいて、来年以降に出た利益と相殺できます。

たとえば、2020年、トライオートETFで100万円の損を出したとすると、何もしなければ純粋に100万円を損したままです。
ですが、100万円マイナスの確定申告を出しておけば、来年以降の利益と相殺して、税金を減らす原資になります。

損失を繰り越して、3年間に発生する税金を減らす

2021年にトライオートETFで50万円の利益が出た場合、確定申告することで、2020年で貯めておいたマイナスと相殺でき、本来50万円の利益に対してかかるはずの約10万円の税金を払わなくて済むようになります。
さらにまだ残っている50万円のマイナスは、2023年までのトライオートETFの利益と相殺して、かかるはずの10万円の税金を減らすことができます。

トライオートETFやFX、株などの損失の約20%は、向こう3年までの投資利益の税金で取り戻せる、と覚えておいてね。

医療費控除を受ける場合

年間の医療費の自己負担額(※)が10万円以上になった場合、確定申告を行うと、10万円を超え出た分が所得から控除され、その分、支払う税金が少なくなります。
医療費控除は、会社員であっても年末調整で手続きをすることができません。
そのため、医療費が高額となった場合は、確定申告を検討してください。

※保険金で補てんされた額を除いた自己負担額

具体的なトライオートETFなどの確定申告の手続き

具体的なトライオートETFなどの確定申告の手続き

ここからはトライオートETFなどの確定申告の手続きについて、ワンステップずつ、具体的に書いていきます。

圧倒的におすすめはe-Tax

確定申告は、税務署に出向き、準備した書類を提出する、という一般的にイメージされる方法もありますが、圧倒的に簡単なのは、国税庁が運営する電子申告・納税システムのe-Taxです。

最初にe-Taxの準備さえしてしまえば、あとは家から出ずに、申請用紙さえ印刷する必要なく、30分ほどですべての手続きを済ませてしまうことができます。

この記事では、自宅からでも簡単に行えるe-Taxでの確定申告に絞って書いていきます。

準備①e-Taxへのログインの条件を揃える

まず、e-Taxへのログインのために、以下のいずれかを用意する必要があります。

  • マイナンバーカード+マイナンバーカード対応のスマホ、またはICカードリーダー
  • 税務署で発行されるID・パスワード

それぞれについて、説明していきます。

マイナンバーカード+マイナンバーカード対応のスマホ、またはICカードリーダー

マイナンバーカードをお持ちでない方は、発行の申請から1ヶ月~かかりますので、早めの申請をおすすめします。
私の場合はカード発行まで1ヶ月半ほどかかりました。

マイナンバーカード対応のAndroid端末だと、PCとBluetoothでつないで、ICカードリーダー代わりに使えるようです。
https://www.e-tax.nta.go.jp/toiawase/qa/yokuaru02/32.htm

私の場合、Android端末ではなく、スマホ上で細かい数字を打ち込んでいくことが若干億劫に感じたため、ICカードリーダーを買ってPC上でe-Taxを使うことにしました。

価格は1500円くらいと安いですが、このICカードリーダーで問題なくマイナンバーカードを読み取れました。

あとはせっかくマイナンバーカードを手に入れたのなら、ついでにマイナポイントも申請しちゃいましょう。

 ≫もっともお得なマイナポイントの申請方法はこちら

税務署で発行されるID・パスワード

免許証などの写真付き証明書を持って税務署に行くと、発行されます。
一度、税務署に行く手間はありますが、このID・パスワードを使ってPCからe-Taxを使うのが一番簡単そうです。(なお、ID・パスワード方式は、マイナンバーカードとICカードリーダーが普及するまでの暫定措置だそう)

準備②書類の収集

e-Taxに入力する書類をあつめていきます。
なお、確定申告に使用した書類は、税務署から問い合わせがあった場合に備えて、確定申告後も5年保管しておいてください。(個人事業主として青色申告する場合、保管期間は7年間)

収入関係の書類

書類名説明
給与所得の源泉徴収票給与所得がある場合、1月以降に会社から発行されます。
トライオートETFの期間損益報告書トライオートETFのWeb取引ツールのメニュー→報告書→期間損益報告書を選んで、期間を1/1-12/31とし、ダウンロードします。
その他の株式、FXなどの口座の期間損益報告書トライオートETF同様、それぞれのWebサイトから報告書をダウンロードすることができます。「電子交付」などのメニューの中にあることが多いです。
その他、収入に関するもの不動産や事業所得など、他にも収入があった場合は、収入がわかる書類を準備します。

支出関係の書類

書類名説明
経費の領収証トライオートETFに関わる経費があれば、領収証を用意しておきます。トライオートETFの勉強のための本の購入費用や、セミナー参加の交通費などが経費になるようです。
そのほかの収入でも、経費として認められるものがあればその領収証を用意します。
ふるさと納税の寄附金受領証明書確定申告をする場合、ワンストップ特例は使えません。そのため、ふるさと納税の寄付金受領書を揃えて、e-Taxへの入力に備えましょう。
なお、すでにワンストップ特例の申請書を自治体に送ってしまっていても、確定申告をすればその申請は無効となります。確定申告を行うことで、ふるさと納税額が二重にカウントされることはありませんので、ご安心を。
医療費の領収証医療費控除は会社などの年末調整では対応していないので、対象の方はまとめてやってしまいましょう。なお、保険金が出たものを差し引いて、自己負担が10万円を超えた医療費が控除の対象です。
その他、控除すべき費用年末調整に間に合わなかったなどの理由で、まだ手続きを行っていない保険料や住宅ローンの控除申請があれば、関係する書類を準備しておきます。
すでに年末調整済の控除は、源泉徴収票内で反映されているので、源泉徴収票に記載されている数字を打ち込むだけでOKです。

得する情報②:トライオートETFの利益で増える「ふるさと納税」の限度額

ふるさと納税の限度額は、トライオートETFや株、FXやCFDの利益によっても増えます。
トライオートETFなどの合計利益から、住民税にあたる5%に20%をかけたものが、ふるさと納税の限度額の増加分となります。

\ふるさと納税は、Amazonギフト券プレゼントを頻繁に行っている「ふるなび」がおすすめ/
トライオートETFなどの利益によるふるさと納税の限度額増加分の計算

ふるさと納税限度額の増加分=
 トライオートETFなどの利益×5%(利益にかかる住民税の割合)×20%

e-Taxへの入力

あとは、e-Taxのフォームにしたがって、数字をひたすら入力していきます。

なお、トライオートETFの損益は、「先物取引に係る雑所得等」に入力していきます。
FXやCFDの損益の入力箇所も同じです。

いざ、納税へ

すべての項目を入力すると、納税額、または還付額が表示されます。
納税額がある方は、確定申告受付期間の最終日までに支払う必要があります。
見事、還付されることになった方は、振込先口座を登録しましょう。

得する情報③:クレジットカード払いで、手数料以上のポイントを獲得

支払い方法のおすすめは、クレジットカードです。
手数料が1万円の納付あたり税込83円(税別76円)かかりますが、それ以上にポイントが貯まるクレジットカードで支払えば、少し得をします。

下記リンク先の「国税クレジットカードお支払いサイト」から、所得税など確定申告で決定した税金をクレジットカードで支払うことができます。

国税クレジットカードお支払サイト
「国税クレジットカードお支払サイト」とは、国税庁及びトヨタファイナンス株式会社間における契約の下で運用する国税のクレジットカードによる納付を行うための専用サイトです。

なお、納付額が高額になり、1回あたりのクレジットカードの決済金額を上回ってしまう場合、複数回に分けて決済したり、別のクレジットカードを使って納付を行っても税務署で合算して扱ってくれるので心配は不要です。

以下では、所得税納付の際のおすすめクレジットカードを3つ紹介します。

【おすすめ】エポスゴールド×6gramの納税で1.67%還元!

エポスゴールド6gramというプリペイドカードを組み合わせるのが、最もお得な納税方法です。

この場合の所得税1万円あたりの支払いのリターンは、最大167円
その方法とは、mixiを「ポイントアップショップ」に登録したエポスゴールドカードで6gramにチャージし、支払うことです。

納税で差し引き1.67%のポイント還元は、エポスゴールドの以下の2つのポイント優遇制度を利用しています。

エポスゴールドの2つのポイント優遇制度
  1. 通常の3倍の1.5%がポイント還元される「ポイントアップショップ」(3店舗選択可)
  2. 年間100万円使ったときに付与される10,000ポイントのボーナス(=100万円利用で1%分)

→ 合計2.5%ポイント還元

まず、1.で選べる「ポイントアップショップ」には「mixi」が入っています。
「mixi」は6gramの運営会社であり、6gramへのチャージもmixiへの支払い扱いになります。
そのため、エポスゴールドから6gramへのチャージ時点で1.5%のポイント還元が得られます。

次に2.についてですが、「税金を6gram経由で払っても年間100万円を使い切る自信がない…」という方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、6gramはネット決済にも、モバイルSuicaへのチャージにも対応しています。
Suicaが使えるところは全国100万店舗にも上りますし、6gramのネット決済はももちろん「ふるさと納税」にも使えます。
支払いを6gram経由に集めれば、100万円の利用は十分達成可能かと思います。

なお、「エポスゴールドなんて持ってないよ~」という方もご安心ください。
以下の方法で2022年の確定申告までに年会費無料のエポスゴールドカードを余裕で入手できます。

また、6gramは現在、招待制です。
連絡いただければ極力6gramの招待を出させていただきますので、twitter(@usa_formmlives)からでもご連絡ください。

ちなみに、6gramからの支払いの上限は月50万円ですが、確定申告と支払いの期間は2月、3月の2ヶ月にまたがるので、2月と3月にそれぞれチャージ、分割して支払うとすると、合計100万円までは所得税の支払にあてることができますね。

これでトライオートETFの確定申告は完了!また一年稼ぎましょう!

これでトライオートETFの確定申告は完了!また一年稼ぎましょう!

以上でトライオートETFの納税手続きは完了です。
いろいろ情報を詰め込んだので面倒に感じたかもしれませんが、e-Taxが使えるようになりさえすれば、あとは書類を揃えて、入力自体は30分程度で終わります。

トライオートETFの利益の分だけ限度額が増えるふるさと納税や、税金のクレジットカード納付でもらえるポイントを自分へのごほうびにして、ぜひ前向きに取り組んでみてください。
そして何より、トライオートETFは確定申告の手間よりもずーっと、大きなリターンをもたらしてくれますからね。

トライオートETFを健全に、末永く運用していきましょうね!

 ≫月50万円の利益を出すトライオートETFの設定はこちら

タイトルとURLをコピーしました