【全て公開】tsumiki証券で「無料のエポスゴールドカード」できました

【全過程】「tsumiki証券でエポスゴールドカード」は本当でした合理的な生活

この記事では、年会費永年無料のゴールドカードを無料で入手する方法を紹介します。

特典多数ながら、通常1万円前後の年会費が必要なゴールドカード。
しかし、そのゴールドカードを無料で、しかもこの先ずっと1円も年会費を払うことなく保有し続けることができるのです。

いつもながら、「そんなおいしい話があるわけ…」ありました!

最初は半信半疑だったんですけど、こんなに早く結果が出るなんて思っていませんでした。
はい、いまでは、tsumiki証券で積み立てをしてきて、本当によかったな、と思っています。

tsumiki証券で積み立て投資をしていると、
ある日、年間費無料のエポスゴールドカードのインビテーションが届くらしい。

そう耳にしてから半年。

・・・噂は本当でした。

これでエポスゴールドカードがずっと無料で使える!(/・ω・)/

「半信半疑だった」、というのも、調べてても「tsumiki証券でエポスゴールドカードのインビテーションが来た」という情報はやたら少ないんです。

あったとしても、tsumiki証券の積立のほかにも買い物でしっかりカード利用もしていたり、実際買い物と積立のどっちがインビテーションに影響したか、いまいちわからなかったり。

この記事では、実際に年会費無料のエポスゴールドカードのインビテーションを受け取るまで、tsumiki証券でどれだけ積み立てをして、どれくらいの期間がかかったかをくわしく書いていきます。

ただ、一定期間の積立が必要なため、対象となる方は以下のように少し限定されます。
(エポスゴールドが発行されれば、積立を解約してもちろんお金は戻りますけどね)

この記事の対象となる方
  • 無料で特典多数のゴールドカードを持ちたいと思っている方
  • 高還元率のクレジットカードをお探しの方
  • この先、半年ほどで使う予定のないお金を30万円ほど用意できそうな方(積立用の資金)

これを読めば、迷いなく年間費無料のエポスゴールドカード入手に向けて、tsumiki証券の積立を行うことができるようになりますよ!

どうしてエポスゴールドカード?tsumiki証券開設の経緯

なぜエポスゴールドカード?tsumiki証券開設の経緯

最高の還元率のカードが欲しかった…。

そう、エポスゴールドカードは2021年5月以降、国内最高クラスの還元率を誇るカードになるのです。

現在最高の還元率は、「Visa LINE Payクレジットカード」の3.0%ですが、それも来年2021年4月までの期限付き。おそらく2021年5月以降の還元率は下がるでしょう。

私が「次のカードはどうしようかな~」と乗り換え先を探していたときに発見したのがエポスゴールドカードでした。

・6gram(※)と組み合わせてうまく使えば、ネット決済もモバイルSuicaも還元率2.5%!?

・しかも自動付帯の海外旅行が強い!空港ラウンジも無料だし!

・そのうえ、家族も無料でエポスゴールドだと!?
 (私には関係ないけど)

(゚д゚)ホスィ…

そして、さらに探ってみると、「エポスカードでtsumiki証券の積立投資をしていれば、年会費永年無料でエポスゴールドカードの申し込みができるインビテーションが届く」という情報を目にして、あわよくば精神でtsumiki証券の積立を始めたわけです。

エポスゴールドカードのすばらしいスペックは、こちらの記事に書いてます

※ 6gramの説明も記事内に追記しました。

tsumiki証券の積立開始から、年間費無料のエポスゴールドが届くまで

以下が、エポスゴールドカードのインビテーションが届くまでの実際のスケジュールと、tsumiki証券の積立などに使った金額です。

ちなみに、エポスカード自体は、海外旅行時の保険代わりに、2017年3月に入手していました。

ですが、入会キャンペーンで一通り利用してポイントをもらったあとは、ずっと机の中にしまっていた若干ばちあたりなやつです。
(そのときはエポスカードのお得な使い方や、エポスゴールドカードの潜在能力に気づいていませんでした)

経過・使用歴
  • 2020年5月
    エポスゴールドカードに秘められた力に気がつく

    「tsumiki証券でエポスゴールドカードだと!?」となる

  • 2020年6月
    tsumiki証券の口座開設完了
  • 7月13日
    tsumiki証券で1回目の積立(5万円)
  • 7月17日
    出張先の福岡にて、エポスカードをJQエポスカードに転生させる(※)

    その足で、JR博多シティでお土産購入(カード使用1千円)

  • 8月11日
    tsumiki証券で2回目の積立(5万円)
  • 2020年9月
    丸山珈琲などエポスカードで割引になるお店と、ETCカードで合計1万円利用
  • 9月11日
    tsumiki証券で3回目の積立(5万円)
  • 2020年10月
    ブックオフオンライン(エポスカードで10%割引)で2千円利用
  • 10月12日
    tsumiki証券で4回目の積立(5万円)
  • 11月11日
    tsumiki証券で5回目の積立(5万円)
  • 11月15日
    エポスゴールドカードのインビテーション(メール)到着
  • 11月16日
    メールに気がついて、朝から大興奮

まとめると、tsumiki証券で積み立て開始から4か月ほど25万円の積み立て+1.3万円の利用でエポスゴールドカードのインビテーションを受け取ったことになります。

ちなみに、1.3万円のカード利用は、記載のとおり、エポスカードで支払うと10%割引になるお店や、年会費・発行手数料無料のETCの利用代金です。

利用実績を作るためではなく、エポスカードを使ったほうが純粋にお得になったからですね。(利用額はごく少額なので、エポスゴールドカードのインビテーションにはほとんど影響しなかったはず)
エポスゴールドカードに向けていろいろ調べていると、こうしたエポスカードの優れたところも見えてきました。
やっぱりこれまでがばちあたりでしたね。

※ 7月にエポスカードをJQエポスカードに転生させている=切替えているのは、「エポスカードの通常性能に、JR九州関係でよりお得になるって、完全に上位互換では!?」という出張先での勢いと思いつきによるものです。(その後、九州に行く機会はいっこうにやってきません…)
なお、カードを切り替えたら、JR博多シティなどで使える500円のお買物券がもらえたので、即効会社のお土産を買いました(*´ω`*)

ところで、tsumiki証券をエポスカードで積み立てた実際の成績は?

tsumiki証券で5万円を5回積み立てた結果は以下の通りです。(2020年11月16日現在)

合計25万円の積立に対して、+6,286円と、2.5%のプラスになっていました。

なお、商品は、tsumiki証券の積み立てで選べる4つの商品の中でも信託報酬が一番低く、価格が安定してそうな「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」を選びました。

エポスゴールドカード狙いでtsumiki証券で積み立てるなら、保有コストが低く、マイナスにもなりにくい「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」一択でいいかと思います。

なお、現状、tsumiki証券で積み立てできる投資信託のラインナップは、信託報酬が高かったり、積み立ての王道であるインデックスファンドがなかったりで、「本格的に長期の資産運用を」という人向けじゃないな~、と思ってます。

tsumiki証券ラインナップ
tsumiki証券で取り扱う投資信託のラインナップ

このあたりは今後、もっといい商品を増やすべく、tsumiki証券の中の人にがんばってもらいたいですね。

ちなみに私のイチオシの投資方法はこちらです↓
30万円の資金からできますので、エポスゴールド発行後、解約したtsumiki証券の残高を使えばちょうどいい感じで始められると思います。

まとめ:tsumiki証券の積立は、エポスゴールドカード取得の最適解

以上、私がtsumiki証券の積み立てで年間費無料のエポスゴールドカードのインビテーションを受け取るまでの全行程でした。

  • エポスゴールドカードは欲しいけど、年会費を払うのも考えちゃうな~。無料で作れないかな
  • インビテーションが来るまで、あまり良いとは言えない0.5%の還元率のノーマルエポスカードを使い続けるのもな~。

という方は、tsumiki証券の積み立てが超おすすめです。

うまくいけば持ち出しなく、むしろtsumiki証券の積み立ての利益分プラスで、年会費がずっと無料のエポスゴールドカードを作ることができますよ!

私もこれで、2021年5月のVisa LINE Payクレジットカードの還元率改悪(見込み)への備えはばっちりです!

それではまた別の記事でー。

>年会費無料のエポスカードの発行が、エポスゴールドのインビテーションへの第一歩です

他にも当ブログではシチュエーションごとの「本当におすすめできるお得な支払い方法」をまとめています。
こちらから読んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました